知識ベース

全般

ガーゴイルの聖域

「ガーゴイルの聖域」は2022年5月に導入された新タイプのチャレンジイベントです。旧不思議の国イベントの差し替えとして「自然反射」になっています。

スケジュールは毎月発行しているカレンダーで確認してください。

ゲームプレイ

基本、その他のチャレンジイベントとステージ効果以外の差はありません。

概要

イベント期間:木曜日から月曜日

反射属性:

ステージ難易度:10段階(レア、エピック、レジェンド)

 

ステージ効果

ガーゴイルの聖域では、英雄が特殊スキルを使ったり、バトルアイテムを複数回使用すると徐々に硬くなり、最大(5回)になると以下の効果が発動します。

  • 石の皮膚が最大時はターンの開始時に
    • すべての敵が石の皮膚のバフを得る(被ダメージが1
    • すべての敵のライフが5%回復する
    • すべての敵のステータス異常が浄化される
    • メーターに表示されたパーセンテージ分、英雄によるダメージが減少

これらの効果は特殊スキルやバトルアイテムを連続したターンで使用しなければ、ターン毎に減少していきます。

つまり、不吉な影の殺害者の怒りメーターと同様に、50%(最大)にならないように気をつけ、次のターンでスキルもアイテムも使わなければメーターが減るので、調節しながらプレイを進めることになります。

例)メーターが10%の状態でダメージ100の特殊スキルを使用すると90ダメージが入りますが、そこでバトルアイテムを使ってしまうと、メーターが20%になって100ダメージは80に減ることになります。

 

イベントステージ

ステージも他のチャレンジイベントと同様で10ステージがレア、エピック、レジェンドの3段階用意されて合計30ステージになっています。(まだレアしか試せていないですが各段階でモンスターやボスは同じ構成のはずです)詳細はページ下部の早見表を参照。

ステージバトルについて
  • 早見表は作ったものの、ガーゴイルの顔が全部グレーで今ひとつ見分けが付かなかった。段々慣れてくると体全体のシェイプで認識するようになるのだけど… ちょっとはじめはやりにくい。
  • 殺害者イベントの「怒り」に似たメーターがステージ画面の上部に表示されます。最大は50%表記ですが、そこに行き着くまで連続したターンで特殊スキルやバトルアイテムを使用するとごとにメーターが10%づつアップ。英雄の与えるダメージが10%づつ減っていきます。

  • 上限以下であれば、1ターン何もしなければやり過ごすごとに10%減少していきます。(例:40%から4ターン経過すると0%)そのため、バトルアイテム(弓矢連撃)を連続で投げてボスバトルに入って特殊スキルを打つみたいなスタイルがやや取りにくい。

  • 実際40%から4ターン何もせずに回すのは結構な苦痛。また後半ともなればタイルが少なければほとんどのダメージを与えられない。
  • 50%になってしまうと石の皮膚が発動して一気にステージ効果発動

    • ダメージ1化

    • 回復5%

    • デバフ全浄化

    • すべての敵に適用されます。これが発動するとメーターは0にリセット(これが怒りメーターとは異なるところ)

    • ただ、0にリセットされるのは逆に速いと感じる場面もなんどかあった。
    • ちなみにベータではレアのステージ9と10がややきつく、最もきつかったのがエピックのステージ10。ステージ9よりも飛躍的にボスHPが高く、当然最初はガーゴイル英雄なしで挑まなければならず、タイル運も必要になる。私は8回失敗して9回目でようやくクリア。

    • レジェンドは時間停止などが使えるので逆に一番楽。

イベント難易度

チャレンジイベントは、プレイヤーレベルに応じてレア、エピック、レジェンドの3層に分かれ、自分に見合ったステージにチャレンジできます。もちろん、自信があればすべてをクリアしても構いません。

イベントの目的はサモンが可能なコインの収集、そしてより高いスコアを目指して多くの報酬を得ることです。合計スコアに応じて報酬が決まるため、クリア後でも何回でもチャンレンジして、より高いスコアを目指すことができます。

スコアの計算

  • ステージクリア:クリアごとに固定のスコアを獲得
  • タイムボーナス:ステージをより短時間でクリアすることで得られるボーナススコア
  • マッチボーナス:タイルを動かした回数とコンボ数によりボーナスを獲得
  • HPボーナス:クリア時の英雄の残HPによるポイント
  • 謎のチェスト:ランダム発生の謎チェストを倒す(5000ポイント)
  • 減点:ジェムを使った復活

これらの合算により、ステージをクリアするごとにポイントが表示されます。15ステージすべてをクリアした合計値にとって、報酬を獲得できるレイヤーが決まります。このランキングはリアルタイムに変化していきますので、エベント後半になればなるほどプレイヤー数が伸びて自分のランキング位置も常に変化していきます。

なお、これらのランキング報酬とは別に、レア、エピック、レジェンドごとに、10ステージを全てクリアするごとにの報酬がもらえます。報酬の詳細は早見表を参照。

怪しげな宝箱

チャレンジイベントの各ステージでは、ランダムに「怪しげな宝箱」が発生します。このモンスターは常に自然属性を反射するバリアーを張っていて、その属性の攻撃とデバフを100%跳ね返します。また、チェストのフタが閉じている状態では、特定の状態のときに攻撃を仕掛ける必要があります。ステータスを表す剣の数字が1になったとき、フタが開いた状態で攻撃すればダメージを与えることができます。

チャレンジコイン

レア、エピック、レジェンドのステージをクリアしていくことで獲得できるコインです。コインが獲得できるステージでは事前に枚数などが確認できます。また、チャレンジコインは、武勇のパス(武勇の試練IVでのVIP)でも獲得が可能です。チャレンジコイン10枚でイベントサモンを1回引くことができます。

 

イベントサモンポータル

チャレンジイベントの期間だけ入手チャンスのある英雄を含んだサモンポータルが設置されます。確率などの詳細については、サモンページを参照してください。

イベント英雄

3 レア
★3 ソロカ
  • ★3ダメージディーラーと呼べるレベルのダメージ量。
    • ソロカ:235%→最大335%
    • ジャリフ:335%
    • グレイメイン-コス:235%
    • ピクシー:290%
  • 比較では悪くないものの、335%上限を達成するにはボード上に10タイルが必要なため、そこまで優れた条件になることは少ないと思われる。
  • また、タイル自体は変容しないのでソロカ本人にしか効果しない。
  • 面白くはあるけども実質の使い勝手では単純にワッカーやジャリフの方が選ばれるかも知れない。シジュエーション次第。
  • Birksランク:B
★3 ブダティン
  • 闇変容な英雄。★3で変容を必要とするバトルがどれほど必要なのかが難しい判断。
  • それ以外の要素としてちょくダメージなどを持ち合わせておらず。あくまでも他の闇英雄とのセットで考える必要がある。
  • ダメージが無理であればせめて他のバフ/デバフは欲しかった。
  • Birksランク:B-
4  エピック
★4 カロ
  • 倒れた仲間のスキルを全部勝手にに発動してくれるという特殊な能力も持ち主。
  • つまり、回復が倒れていても、アルフライクが死んでいても発動できてしまうので、敵からすると倒したはずなのになかったことされる恐怖。
  • ★4なのが救いではあるけど、マナ普通なのでストンスキン3回まで有効。
  • その分生存率は高くなる。★4トーナメントではフランツと組むとかなり強力になりそう。
  • マジック/ニンジャが倒れている場合にはx1チャージのみを使用される
  • 最後の1人に残っていられるかどうかがポイント。敵もそれを分かって先に倒してくると思うので。
  • Birksランク:A+
★4 ベライブ
  • 理解しやすいスキルでダメージ量も悪くなし。面白い仕組みとは思うので、タイミングさえ合致すれば非常に優れた能力を発揮する。
  • 比較されるのはスナイパーのグリフィン。比べるとマナ速度が普通のためその点がどうしてもグリフィンの代わりにはならない可能性がある。
  • Birksランク:B-
★5  レジェンド
★5 エルデュケ
  • 超高速のダメージディーラー(295%)+デバフは離接3体対象
  • デバフ積上げがバトル終了までタイムアウトしないので、イコライザ的なもので浄化されない限りかなりのデバフになる。クエネルの逆パターン。
  • ミシックタイタン向き?
  • 実際のバトルでは、デバフ積み上げがが予想以上にうまく使えず(時間がかかりすぎる)、攻撃として使うならミシックやイベントの方が向いていると思われる。
  • Birksランク:B+
★5 アルコ
  • 指導者ズーリやハルダと同様にミニオンがいて始めて成立する。としてもブースト量がハンパない。
  • 日本語だとやや不明瞭ながら仲間が持っているミニオンの数x75HPを全員が回復する。例として
  • 5英雄がミニオンなしで発動:ミニオン1体 x 5人 = 375HPを5人分ブーストする。
  • ミニオン2体 x 5人なら750HP。
  • ミニオンの体力も半端いのでペンギと組んだら凶悪なコンビになる。
  • ベータから少しトーンダウンしたものの非常に強力なヒーラーといえる
  • Birksランク:A+
★5 ゴセック
  • 全体350%がすでに強力なのに加えて、HPの減り具合でそれが倍増。仕組みは面白いけどもバトルでそのタイミングを待つことはもどかしいので、どっちかといつとピンチ時のボーナスの意味合い。
  • よく削られるという意味からは、防衛のタンクに置くのは面白いのかも知れない。減った頃に撃つという意味であえて防衛のウィングに置くことも可能。
  • Birksランク:A
5 初期導入見送り
★5 ホーヘンワーフ

V48で導入が見送り。次回以降のいつ入るのか不明。

  • フィエンド効率はそこまで高くないものの、混乱を入れらるのはかなり脅威。ヒーラーに掛けられるとチーム全体が崩れる可能性あり。
  • マナ満タンにならないように調整するとしても、フィエンドなので消すのが困難。これをマナ速で付けられるのは恐怖としか言えない。
  • フィエンド自体はがダメージを与えないものの4ターン後に爆発。それが問題に感じないほどマインドレスアタックが恐怖に感じる。
  • Birksランク:A

ガーゴイルの聖域で使用すると

悪役のリーグ、スターフォールサーカスと同要に、ガーゴイル英雄を使用すると以下のボーナスを得ることができます。以下の新規8体に加えて既存の「ペニョライト」「ゲイラード」にも適用されます。当然ですがガーゴイルの聖域イベント以外では機能しません。

  • ガーゴイルファミリーに所属する英雄は属性バリアを無効化する。また、バトルでの攻撃力、防御力、ライフが増加する!(攻撃力/防御力/ライフが+20%)

ファミリーボーナス

以下の新規8体に加えて既存の「ペニョライト」「ゲイラード」にも適用されます。

ガーゴイルファミリー ボーナス

1/2/3人:

  • 1人:毒ダメージによる影響を受けない
  • 2人:毒と火傷ダメージによる影響を受けない
  • 3人:毒、火傷、水ダメージによる影響を受けない

特有能力(パッシブ)について

各英雄が持っている特有能力の「石の皮膚」は、その英雄のマナ速度によって変化するようになります。(ガーゴイル、ペニョライトも新規英雄のリリースタイミングで内容が更新される見込み)

超高速→速→普通→遅→超遅 = 1回→2回→3回→4回→5回

ガーゴイルの石皮膚

このガーゴイルが特殊スキルを発動するたびに、彼らの石膚が強化される。次のX回に受けるダメージは1に低下する。この効果は解除不可

X はマナ速度で変化

イベント早見表

早見表

cc-sa-grey

エンパズ知識ベースのコンテンツはFANDOM Wikiの内容を一部翻訳してライセンス提供(CC-BY-SA)、そしてオリジナルのコンテンツを複合しています。
This article uses material from the the Empire and Puzzles Wiki at Fandom and is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike License.