知識ベ|ス

エンパズ知識データベース

jQuery(document).ready(function() { let masonryGrid = jQuery(".betterdocs-categories-wrap.layout-masonry"); let columnPerGrid = jQuery(".betterdocs-categories-wrap.layout-masonry").attr("data-column"); let masonryItem = jQuery(".betterdocs-categories-wrap.layout-masonry .docs-single-cat-wrap"); let doc_page_column_space = 15; let total_margin = columnPerGrid * doc_page_column_space; if (masonryGrid.length) { masonryItem.css("width", "calc((100% - "+total_margin+"px) / "+parseInt(columnPerGrid)+")"); masonryGrid.masonry({ itemSelector: ".docs-single-cat-wrap", percentPosition: true, gutter: doc_page_column_space }); } });
英雄DB

手配書

手配書はメインスクリーンの左上に表示されている3つの宝箱です。ただし、これを開くためにはカテゴリーごとに敵を討伐する必要があります。レアに発生するレアなエレメンタル宝箱を除いては、常にこれらのカテゴリーと数値は固定です。

  • モンスター:マップやクエストなどのモンスター100体
  • 英雄:レイドおよびトーナメントで別プレイヤーの英雄40体
  • タイタン:5体(同盟に参加している場合のみ)

手配書のミッションを完了すると宝箱を開くことが出来るようになります。受け取ったあとは手配書がグレー表示となって、一定時間を過ぎないと再び手配書のミッションが開始されません。ただし、残り時間に応じてジェムを使用するとスキップして即時ミッションを始めることができます。完了直後に再開するには20ジェムとなかなか高額なためオススメはしませんが、残り時間が数時間になると数ジェムだけでスキップが可能になるため、これにより手配書のサイクルを早めてレア発生のエレメンタル宝箱を早めに狙っていくという手法があります。(数ジェムを使用しても、その直前に得られた報酬で補えることが多い)

手配書用の狩場

手配書には4つのタイプがあります。

手配書タイプ討伐対象推奨の狩場
モンスターあらゆるモンスター1-7-4 または 1-8-7
英雄レイドによる討伐。1チームで最大5英雄のカウントレイド、トーナメント
タイタンすべてのタイタンが対象同盟に参加していること
属性特定の属性を持つモンスターを討伐下記のマップ参照

手配書宝箱の報酬

モンスターと英雄手配書

最も手にすることになる報酬がこれですが、レアな素材などがドロップする確率は非常に低いため、あまり当てにすることはできません。英雄手配書ではレイドのランクによって得られる報酬が変わると書かれていますが、実際にプラチナよりもダイアの方がドロップ率が高いとしても、それほど毎回のようにレアなアイテムが入手できるわけでもないというレベルです。

手配書のスキップ

少量のジェムを支払って手配書のタイマーをリセットできます。

  • 24時間で3回まで
  • 8時間に1回タイマークリア

レイドやワールドエネルギーのフラスコのようなイメージで待ち時間を最大3回までスキップできます。最初のスキップを行うと、その時点でタイマーがリセットされて再度8時間のカウントが始まります。

 

そのため一気に複数回のスキップを行っても、次回スキップまでには最低8時間の待ちが発生してしますので、ある程度間隔を分けてスキップする方が結果的にコスパが高くなる。

属性宝箱

レアアイテムの入手が期待できるのが、特定の属性モンスターを150体討伐して得られる属性宝箱です。30~40回の手配書クリアで1回まわってくるような頻度です。つまり、頻度は低いものの安定したレアアイテムの入手方法としてカウントできるということです。

以下のマップ下にあるリストで目的の狩場を見つけてください。他のアイテムも探せるフルのマップはこちらです。

cc-sa-grey

エンパズ知識ベースのコンテンツはFANDOM Wikiの内容を一部翻訳してライセンス提供(CC-BY-SA)、そしてオリジナルのコンテンツを複合しています。
This article uses material from the the Empire and Puzzles Wiki at Fandom and is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike License.