知識ベース

カレワラの伝説

カレワラの伝説は北欧神話を題材とした新しい季節イベントです。従来の季節イベントと比較すると、ややチャレンジイベントに近い形態を持っています。また新たな英雄の登場にで新たなゲームへの刺激になるのは間違いありません。

カレワラの伝説 

概要

イベント期間:約4週間(砂の国とモルロヴィアの間に新設)

ステージ難易度:3段階(レア、エピック、レジェンド)

  • 各難易度で使用できる英雄、兵団、バトルアイテムのレア度に上限を設定(チャレンジと同様)
  • 難易度はレア度順にクリアしないと先の難易度をプレイできない一本道構造に変更
  • 各難易度に20ステージで合計60ステージ
  • プレイには通常ワールドエネルギーを使用
  • ステージに参加できる英雄と兵団は難易度ごとに以下の制限があります。
 

ステージ効果

ナイフ爆弾

ナイフ爆弾をマッチさせて、ナイフの嵐を発動させよう。5個のナイフ爆弾をマッチさせると、ナイフの嵐を発動できる

スプリングヴェイルのエッグ爆弾に似ていて、タイルに表示されたカウンターがキレる前にマッチで消さないと英雄がダメージを受けます。ダメージはそれほど大きくないですがプレイしている難易度によってダメージ値が異なります。

  • レア:65~90ダメージ
  • エピック:90~105ダメージ
  • レジェンド:110~120ダメージ

エンパズによくある爆発系と大きく異なるのは、消すことに成功すると画面上部に示されたメーターが増加、合計5つのナイフ爆弾を消すことができると、自分の好きなタイミングで「ナイフの嵐」を発動できます。

ナイフの嵐は以下の効果を与えます

  • 敵全員に最大HPの15%ダメージ
  • 敵全員の防御力が-30%(3ターン)

ダメージ自体は大きすぎることはありませんが、防御力-30%ダウンは連続で攻撃を加える直前に与えるのは結構効率的です。特に各難易度でのラストステージに近づくに連れて敵の強さも脅威になってきますので、効率的にこれを使用するのはゲームとしても面白いと言えます。

なお、オートプレイでもある程度までステージを進めることが出来ますが、その際にも自動的に「ナイフの嵐」は発動されます。

報酬

季節イベントの報酬は各ステージのクリア報酬のみです。それぞれのステージについては早見表を参照してください。

また、報酬には初めて「マスタートレーナー」が導入されています。なにかものすごいもののような気がしてしまいますが、従来のトレーナーによる経験値を与えたい英雄の属性ごとに縛りがなく、どの属性にも使用できること(トレーナー兵団と一緒)、そしてボーナスが10%多くもらるというだけです。

マスタートレーナーは★1~★4まで存在しますがカレワラ報酬に含まれるのは★2~★4です。

カレワラサモン

エピック英雄トークン

カレワラは季節イベントのためサモンに使用できるのは「エピック英雄トークン」です。1年を通して貯めている方も多いと思いますが、従来の4つのイベントに加えて、今回新規に追加となるカレワラに使用するかどうかは下の英雄リストを見て決めてくださいね。

なお、チャレンジイベントなどとは異なり、イベント全体を通して入手できるトークンはわずかに2枚です。(報酬については早見表を参照してください)

サモン確率

カレワラ期間のオファー

他の季節イベントと同様に4週間に渡って毎日内容の異なるオファーが提供されます。恐らく従来のものに近いのかなとは思いますが詳細不明。

カレワラ英雄

カレワラ英雄のファミリーボーナス

カレワラ ファミリー ボーナス

1/2/3人:

優勢の属性(x)の英雄の特殊スキルによる被ダメージが-10%/-25%/-40%減少する

x:本来自分が弱い属性
💗カレワラ英雄 の場合← 💙敵
💚カレワラ英雄の場合 ← 💗敵
💙カレワラ英雄の場合 ← 💚敵
💛カレワラ英雄の場合 ← 💜敵
💜カレワラ英雄の場合 ← 💛敵

特有能力

すべてのカレワラ英雄は以下の特有能力を持っています。

シスの力

このキャラクターがバトル中にHPが低い状態で初めてのターンを開始した場合、このキャラクターのライフがHP15%回復し、マナが15%増加する

早見表

2022/6/20:初回発行(ベータでの情報がベースなのでリリース後に変更の可能性あり)
cc-sa-grey

エンパズ知識ベースのコンテンツはFANDOM Wikiの内容を一部翻訳してライセンス提供(CC-BY-SA)、そしてオリジナルのコンテンツを複合しています。
This article uses material from the the Empire and Puzzles Wiki at Fandom and is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike License.