知識ベ|ス

エンパズ知識データベース

英雄DB

戦闘の流れ

マップ上のステージ、クエスト、レイドなどを開始すると、いわゆるマッチ3ゲームに突入します。

攻撃

  1. 右は4体の () の敵との戦闘のスクリーン。
  2. 一番上の行で右から3番目の 紫色のタイルを左へスライドすることで、 3つを揃えることが出来ます。
  3. 2つ以上の同じ色のタイルを揃えると、タイルは「兵団」と呼ばれる攻撃部隊に変化、揃えたタイルの列をまっすぐ上に向かってダメージを与えます。




  4.  タイルがマッチするごとに、その属性(色)と同じ属性を持つ英雄のマナが貯まっていきます。
  5. 英雄のマナバーが一杯になると英雄のカードが点滅を始め、タップすることでその英雄独自の特殊スキルを発動できます。また、発動の前に敵をタップすることで、スキル効果を与える対象を選ぶことが可能です。
1
マナ

兵団ダメージ

  • マッチングによって発生する同じ属性の兵団はは、それぞれの英雄に事前に指定してものが選ばれます。
  • もし、自分のパーティーに特定の属性を持っていない場合には、敵へのダメージは「1」のみとなります。例えば、このチームだと「炎()」の英雄がいません。
  • その代わりに、自然()の英雄が2人いるため、兵団のダメージは2倍となります。
  • また英雄のなかには(ウコンなど)、兵団のダメージをアップするスキルを持っているものもいます。

ドラゴンシールドとパワーシールド

4個以上のタイルを揃えた場合は、より強力な効果を得ます。

  • 同じ属性4タイルを揃えると、「ドラゴンシールド」に変化します。ドラーゴシールドをタップすると、その上下左右4箇所のタイルを含めて5つのタイルでの攻撃が可能になります。
  • 同じ属性5タイルを揃えると(直線、十字、L字、T字などでも可)「パワーシールド」に変化します。タップすると、盤面にあるすべての同じ属性タイルが一斉に敵にダメージを与えます。

属性(カラー)による弱点と優位点

各属性には、他の属性に対する弱点と優位点があります。主要3属性はそれぞれに弱点と優位点を分散している一方で、残りの2属性は互いに対立する関係を持ちます。

主要3属性は「炎、自然、氷」。もし敵が炎属性のときは、氷兵団は優位なため2倍のダメージを与えます。一方で自然属性の兵団は炎に対して弱点となるので、ダメージは半減します。聖と闇は互いに弱点と優位点を持ち扱いが異なります。

これについては、ブートキャンプの豆知識でも使用したテーブルが理解しやすいと思います。(リンク

 

 

 

 

そしてこれらの通常とは別に、レアタイタンやイベントクエストなどで、特定の属性からのダメージを反射して英雄へダメージを返す敵が存在します。

マナ生成とスルー(ghosting)

敵に向かって兵団として放出されたタイルの数ごとに、同じ属性を持つ英雄のマナが生成・蓄積されていきます。上の例では自然2体の英雄は、それぞれ同じマナ量を受け取ることができます。

「スルー」あるいはゴースティング(ghosting)は、タイルの到達先に敵が存在しない状態。つまり空の列に砲弾が放出された状態を指します。これが発生するとマナの生成量は2倍となりますので、トドメに特定のスキルを発生させたい場合などに役立つ場合などがあります。

マナが蓄積されるバーの量は、その英雄のマナ速度によって決定します。また、マナバーの存在する敵と存在しない敵がいて、存在しない場合には何回で敵の特殊スキルが発生するがモンスターごとに固定になっています。

cc-sa-grey

エンパズ知識ベースのコンテンツはFANDOM Wikiの内容を一部翻訳してライセンス提供(CC-BY-SA)、そしてオリジナルのコンテンツを複合しています。
This article uses material from the the Empire and Puzzles Wiki at Fandom and is licensed under the Creative Commons Attribution-Share Alike License.