知識ベース

文字検索

知識ベース

英雄データベース

BETA TEST
公開前ベータ情報

このページの情報はベータテストの進行と共に内容が変わったり、そもそも削除されたりもします。また、ベータテストの最後の段階から実際のリリース時で大きく変更となることも多く、というかほぼ毎回変わるので(得に数値系)、情報はそのまま鵜呑みにせず、実際にリリースされてから自分の目で確認してください。事前準備をしておいたのに無駄になったなど、一切の責任を持てませんのでご理解の上でお読みください。

V53 第2期シーズン3英雄コスチューム

目次

最終更新日時:2022/11/02 – 7:09 PM

以下、削除になったものは テキスト 追加や変更点は テキスト 

英雄第2期シーズン3英雄コスチューム

  • 2022/10/27 – V53.1初期追加

★5 レジェンド

5
パワー:841
 
攻撃力:810
防御力:810
ライフ:1472
 
クラス:ウィザード
マナ速度:速
ファミリー:アルフヘイム
 
特殊スキル:
  • ターゲットと近くにいる敵に170%ダメージを与える。
  • さらに、ボード上の自然属性の盾の数に応じて25%のダメージが追加される。ただし、ダメージ上限は570%まで。
  • ターゲット近くにいる敵の攻撃力が-15%になる。さらにボード上の自然属性の盾の数に応じて-5%が追加される。ただし、上限は-55%まで。
5
パワー:830
 
攻撃力:800
防御力:788
ライフ:1463
 
クラス:戦士
マナ速度:速
ファミリー:ミッドガルド
 
特殊スキル:
  • 敵全員に225%ダメージを与える。
  • 敵全員のマナ生成が-24%になる。さらにボード上の聖属性の盾の数に応じて-4%が追加される。ただし、上限は-64%まで(3ターン)。
5
パワー:832
 
攻撃力:810
防御力:793
ライフ:1443
 
クラス:バーバリアン
マナ速度:速
ファミリー:ヘルヘイム
 
特殊スキル:
  • ターゲットと近くにいる敵に245%のダメージを与える。
  • 攻撃時に敵の防御バフを無効化する。対象には「反撃」も含まれる。
  • 4ターンの間、ターゲットと近くにいる敵に525出血ダメージを与える。術者は、出血ダメージで与えたダメージの40%を回復する。
  • 4ターン以内に術者が倒れた場合、次のターン開始時に、40%のライフを保有した状態で復活する。すべてのステータス効果と累積効果は、術者が倒れた時に解除される。
5
パワー:830
 
攻撃力:786
防御力:771
ライフ:1533
 
クラス:パラディン
マナ速度:超高速
ファミリー:ミッドガルド
 
特殊スキル:
  • 特殊スキルを連続すると次の順番で異なる効果を発揮する:
  • 第1:
    • 敵全員に180%ダメージを与える。
    • 敵全員の命中率-25%(3ターン)。攻撃系の特殊スキルにも命中率ダウンが適用される
  • 第2:
    • 敵全員にいる敵に260%ダメージ
    • 敵全員の命中率-35%(3ターン)。攻撃系の特殊スキルにも命中率ダウンが適用される
  • 第3:
    • 敵全員に290%ダメージ
    • 敵全員の命中率-54%(3ターン)。攻撃系の特殊スキルにも命中率ダウンが適用される
フリッグ

難しいなぁ

  • ベータV53の新コスでペーパー上で攻撃力が最も強化されているのがフリッグ。ステータス値が他と比較して大幅に上がっているだけでなく、ダメージ値も大幅にアップ。上がり率を比較すると以下のようになる。攻撃力が上がれば当然ダメージ値がアップする。

  • 細かくみていいくとダメージはこの差。
フリッグ
  • 全体100%
  • ボードの盾で最大244%
  • 244 x 5体 =1220% 
フリッグコス
  • 隣接3体170%
  • ボードの盾で最大570%
  • 570 x 3体 = 1710%
  • 全体攻撃と隣接の差があるので差を一概には言えないけど、最大570%はかなり恐ろしくはある。ただし、どちらも最大値の話であって、そこへ行き着くには16タイルを必要とするためマナ速としては、そんなのを待たずに打つことがほとんどだと思う。そのため最大値の比較はやや現実味に欠ける。
  • 実際のバトルでもそこまで大ダメージを撃てる場面は非常に稀。イメージ的には300%くらいの隣接3体を打っているあの感覚に近かった。
  • フリッグのコスによる強化には懸念もある。もう忘れている人もいるかも知れないけど、そもそもフリッグは2021/1月バランス調整で弱体化されている過去を持つ(盾ごとの防御ダウンが4%→3%)。その英雄のコスをデビューさせて強化っていうのがなにやら話が破綻している気はする。個人的には元となった弱体を戻すか、あるいはコスで-4%の防御ダウンを入れるのが筋だと思うけど、そうならないことは重々承知。一度味噌がついた話なのでなんか複雑な気持ちになる。また、防御ダウンと攻撃ダウンの両方を併せ持つ英雄のマアトの存在があるので、どうしても中途半端な存在になってしまうのは理解できなくもない。
ター

明らかに上位版

ター(本体) ター-コス
  • 1体ダメージ:285%
  • 3体ダメージ:245%
  • バイパス:60%
  • バイパス:100%
  • 出血196 (4ターン)
  • 出血525 (4ターン)
  • 自己復活:32%HP
  • 自己復活:40%HP
  • コス側は攻撃ダメージは単一としては20%と劣るものの、ターゲットが隣接3体なのでダメージ合計値では3倍近くもアップすることになる。
  • バイパス(解除)も100%と信頼度が上がり、全ての面において上位版となっている。
オーディン

難しいなぁその2

  • これもまた複雑な気持ちになるやつです。オーディンはフリッグと同様に2021/1月バランス調整で弱体化されている過去を持つ(マナ生成+3%→+2%(最大29%→28%))。その意味でやり過ぎるのちの下方修正が怖いので最大-64%は絶対ダメだと思う。
  • なぜそこまで言うのか。エンパズの歴史で最も酷かった下方修正がテルリアなことは誰でも知っていると思いますが、このときの修正がマナ生成-34%→-24%だったのです。しかもマナ普通で。オーディンはマナ速な上に確かに-24%に抑えられてはいますが、-34%を超えるにはわずかに3タイル。
  • 次に攻撃ダメージも大幅にアップ。表裏ともに全体攻撃だけど、表オーディンでは盾の最大値で245%なところ、コスでは条件なくマナ速で225%。これは大幅って言ってもいいよね。
  • これらのことから、このままでは事件になると思うわけです。SGGのパターンは、ベータテスターの意見を聞いて修正するのは半々あるかないか、弱すぎる場合には強化してリリースするけど、強すぎる場合にはそのままリリースして後で下方修正っていう悪い習慣があるので怖いです。
  • もしかしてタンク時代が到来するのかなぁ。
トール

ちょっと改善

  • 攻撃がどの階層でも全体に一気になったことは歓迎。しかし意中率デバフ以外に特徴はなく、ややマシになった程度の受け止めるプレイヤーが多くなると思う。すでに最終アセンドしている以外の理由で追いかける英雄ではないと思う。

原文:公式フォーラムのいくつかのスレッドをまとめてお送りします

All right reserved by bbcamp.info and the other third parties include Small Giant Games, Pixabay, SG Official Forum, Lobi.

BirksG

Your local mechanical keyboard maniac

BirksG 

birksgone@gmail.com