知識ベース

文字検索

知識ベース

英雄データベース

BETA TEST
公開前ベータ情報

このページの情報はベータテストの進行と共に内容が変わったり、そもそも削除されたりもします。また、ベータテストの最後の段階から実際のリリース時で大きく変更となることも多く、というかほぼ毎回変わるので(得に数値系)、情報はそのまま鵜呑みにせず、実際にリリースされてから自分の目で確認してください。事前準備をしておいたのに無駄になったなど、一切の責任を持てませんのでご理解の上でお読みください。

ニンジャタワー

目次

ニンジャタワー

  • 100 50階層の塔の制覇を競う新しい月定期イベント
  • 新しいリーダーボード、新ニンジャ英雄と新しいプレイルール
  • 2020年第4四半期リリース予定

ニンジャタワー

目次

以下、削除になったものは テキスト 追加や変更点は テキスト

 

ニンジャタワー

概要

忍者塔はこれまでのイベント要素を一部含む新たなゲームイベント。

  • 忍者塔の基本は 100階 50階まで用意された塔を出来る限り高い位置まで登ることが目的。
  • 塔を登るためには、順番に各階をクリアしていく必要がある。
  • 一度クリアした階は完了となり再プレイはできない予定。
  • 各階に中ボスやボスが存在することも、その他のイベントの各ステージと同等の考え。
  • 忍者塔には『鬼ジェム』が導入される。新しいゲーム機能として、鬼の呪いに利用される。詳細は下の鬼ジェム項目で。
  • 5階をクリアするごとに、ランダムに3種類用意される”祝福”(バフ?)から1つを選択できる。この祝福は、忍者塔イベントの最後まで、参加させたすべての英雄に適用される。(詳細は下を参照)
  •  忍者塔には専用のエネルギー(タワーエネルギー)を使用します。現状は8/8がマックス、ただし今後変更の可能性あり。エネルギーの補填はショップで100ジェムで購入可能
    • 入できなくなったっぽい
    • タワーエネルギーは10/10
    • タワーエネルギーのフルリルレッシュは21時間
  • タワーエネルギーフラスコが登場。入手方法は不明&リリース時にこれが残るのかも不明。
  • 塔の各階にはチャレンジイベントのような制限時間があり、スコアも現状はチャレンジイベントの仕組みを利用している模様。当然変更される見込み。
  • リーダーボードもチャンレンジイベントのそれとほぼ同様。恐らく変更の見込み。
  • 報酬もこのスコア順に分類されるが、リリーズ時にどうなるのかは不明。
  • タワーイベントの開催期間はベータでは5日間
ゲーム内のツールチップ(英語からの翻訳のため日本語訳が実際どうなのかは不明)

タワーイベントの目標はできる限り高い階へ上り詰めることです。

5階をクリアするごとにすべての英雄が祝福を受けます。この効果はイベントが終了するまで維持されます。

各階のステージには鬼ジェムが設置されていて、時間内にジェムを破壊できなかった場合、英雄のうち1人が鬼の呪いに掛かります。同じ英雄が呪いをに5回掛かってしまうと、その英雄はイベントへの参加権を失います。

ランクと報酬

もちろん変更の可能性あり

ランク タワーコイン エンブレム バトルアイテム ハンター小屋アイテム
1 300 クラスごとに100枚 竜攻撃 x20、トルネード x20、時間停止 x20、爆弾連撃 x20、竜の戦旗 x20、復活の巻物、亀の戦旗 x20、弓矢連撃 x20 タイムフリーズ x20、ハリケーン x20
2-10 250 クラスごとに80枚 竜攻撃 x20、トルネード x20、時間停止 x20、爆弾連撃 x20、竜の戦旗 x20、復活の巻物、亀の戦旗 x20、弓矢連撃 x20 タイムフリーズ x20
11-100 200 クラスごとに60枚 竜攻撃 x20、トルネード x20、時間停止 x20、爆弾連撃 x20、竜の戦旗 x20、復活の巻物、亀の戦旗 x20、弓矢連撃 x20 -
101-500 150 クラスごとに40枚 トルネード x20、時間停止 x20、爆弾連撃 x20、竜の戦旗 x20、復活の巻物 x20、亀の戦旗 x20、弓矢連撃 x20 -
501-1,000 100 クラスごとに25枚 トルネード x20、爆弾連撃 x20、竜の戦旗 x20、復活の巻物 x20、亀の戦旗 x20、弓矢連撃 x20 -
1,001-5,000 50 クラスごとに15枚 爆弾連撃 x20、竜の戦旗 x20、復活の巻物 x20、亀の戦旗 x20、弓矢連撃 x20 -
5,001-10,000 40 クラスごとに10枚 竜の戦旗 x20、復活の巻物 x20、亀の戦旗 x20、弓矢連撃 x20 -
10,001- 25,000 30 クラスごとに8枚 復活の巻物 x20、亀の戦旗 x20、弓矢連撃 x20 -
25,001-50,000 20 クラスごとに6枚 亀の戦旗 x20、弓矢連撃 x20 -
50,001-75,000 15 クラスごとに4枚 弓矢連撃 x20 -
75,001-100,000 10 クラスごとに2枚 弓矢連撃 x10 -
100,001未満 5 クラスごとに1枚 弓矢連撃 x3 -

鬼ジェム

鬼ジェムはボード上の特殊タイルで、ニンジャタワーイベント中にのみランダムに発生。発生したら 3 2 ターン以内に初期しなければ爆発を引き起こす。

鬼ジェムがボードに現れたら、英雄の1体がランダムに呪いに掛かる。爆発前に鬼ジェムを消せないと、呪いはそのまま掛かりっぱなしになる。もし、英雄が呪いが 5回 3回 2回重なってしまった場合、忍者塔イベントには参加できなくなる。(戦闘開始前の英雄選択画面で呪いの回数アイコンが表示される模様)

ベータ32.2でゲームの発生確率がアップ。ステージ1ではゆっくりだがステージが進むと徐々に上がっていく。

ベータV32.5でジェムの出現率が下がった模様

 鬼ジェムを消して呪いを解くにはいくつかの方法があります:

  • 恐らく最も多い方法はジェムをマッチ。シーズン3のルーンのようではなく、鬼ジェムは直接動かすことが出来る。
  • 隣接するドラゴンを使って破壊
  • 色を合わせてダイアモンドで破壊
  • 呪いのカウントダウン前にステージをクリア(戦闘を逃げても呪いを解くことはできない模様)
ゲーム内のツールチップ

この戦闘には鬼ジェムが配置されます。早めに消去して強力な呪いが掛かるのを避けてください。5回呪いに掛かってしまった英雄はイベントに参加できなくなります。

祝福

5階 3階 5階 をクリアするたびに、参加させた全ての英雄が祝福を受けられる。祝福には3つのランダムな選択肢があり、ユーザーが自由に選べる。3つの選択肢の内容は最初からセットされていてプレイヤーごとの違いはない。

選択した祝福はニンジャタワーイベントの思い出として残り、イベントを通して1度でも参加させた英雄全員受けることができる。

祝福の種類:

  •  クリティカル確率+5%
  • 5ターンごとに50HP
  • 防御力+5%
  • マナ生成+5%
  • 5ターンごとにHPの5%と攻撃力5%を持つミニオンをサモン
  • 5ターンごとに10%マナ回復
  • 攻撃力+5%
祝福は互いにスタックでき、同じ祝福を他の階で再度選択すると数値が加算される(模様)

ステージプレビュー

ベータ32.3で各ステージのプレビューが追加され、前哨戦とボス、そしてデッドリーチャンバーエフェクトを事前に確認できるようになった。

デッドリーチャンバーエフェクト

ベータ32.3で「デッドリーチャンバーエフェクト」機能が追加。シーズン2のようスペシャルステージのように環境が英雄の能力に変化を与えて戦闘に影響を起こす。

エフェクトは3種類:

  1. 毒の霧 - {x)ターンごとに{x}ダメージを英雄に与える
  2. エフェクト短縮 - 英雄のキャストした全てのステータス効果のターン数が{x}ターン短くなる。最低1ターン~
  3. ガラスの床:持ち込めるバトルアイテムの数が{x}個減る。最低1個~

{x}数値は階層が上がればより大きくなる

ベータV32.5:ガラスの床は削除になった模様。ステージ46-50は現在41-45と同様のデットリーエフェクトになっている。

ニンジャ英雄が敵にいる場合、ランダムにチャージを発動までに貯めるようになっています。

  • 敵のニンジャ英雄はチャージを1~3回までランダムに貯めてから発動。
  • 回数はマナ0の状態でリセットされている模様
  • 実際の発動前に何もUI的な表示されないため、1~3回の発動になるのかは予測不可。

ベータテスターの考察と攻略

ニンジャタワーの全50階をクリアする従来と異なる戦略が必要です。毎日時間を掛けて10旗を消費することも重要となります。私の場合、30階以上では通常5~7分を1階ごとに費やしていましたので、全クリアを目指す場合はニンジャタワーだけで毎日1時間程度が必要となる計算です。

最もユニークなのが鬼ストーン/祝福の機能。季節イベントのパンプキンやイースターエッグの爆弾のようにボードにランダム間隔で出現します。これを3ターン以内にマッチさせることができなかった場合、爆発して自分の英雄のうち1人に「呪い」が掛けられます。呪いを2回掛けられてしまった英雄がいると、それ以降のニンジャタワーでその英雄が使えなくなってしまいます。(2回目の呪いに掛かってもその戦闘中には影響なし)

ベータテストでは、私の持つレベル80英雄のほぼ半分、10以上のレベル70の英雄を失いました。このことから、少なくとも50体のレベル70以上の英雄を持ってチャンレンジする必要があります。レベル70以上を50体持っていない場合は、最初の10階に★3英雄を使って延命を図るほうがよいと思います。戦闘で復活の巻物の在庫が付きてしまったら、いよいよ★4以上の英雄を投入させることになります。

==

デットリーチャンバー効果:

  • 毒の霧のダメージはアトランティスの毒の霧と同じく、6階以上で3ターンごとに発生して効果も会を重ねることで増加します。レベル6では3ターンごとに50ポイントですが、21階では75ポイント、36階では100ポイントと増えていきます。
  • ガラスの床は戦闘に持ち込めるアイテムに制限がかかり、11階で1アイテム、レベル26で2アイテムがスロット上限から差し引かれます。少なくとも1スロットに1つのアイテムは持ち込みが可能です。26階以降では特に復活の巻物が必要で、代用として奇跡の巻物を持っていくのもいいでしょう。
  • エフェクト短縮は16階でステータスエ効果を-1ターン、31階で-2ターンとなります。最低でも1回は発動します。

以下の英雄はニンジャタワーの30階以降でステータス効果が最低の場合1回に限定されてもまぁまぁ有効な英雄です。★3は30階以降で生き残るのは困難なため、★4と★5のみをリストします。もともと効果が2ターンの英雄の場合、16階の時点ですでに厳しい状態にありますが、30階以下のボスはそこまで脅威ではないため、例えばグレイブメーカーの燃焼が1回だとしても結構有効です。

炎属性英雄

ブラックナイトグレイブメーカーグラズルジーン・フランソアサンタクロース

氷属性英雄

キリルイーギルアラシーアリスフィンリーヴェラ

自然属性英雄

ブリンヒルドバディヘンゼルリトルジョンピーターズメレンドル-コスエルカネン-コスフリッググレゴリオンカディレンリアーナ-コスレディロックマーガレットテルリアユナンゾック

闇属性英雄

ブーマージャバーメルリンプロテウスリガルド-コスイーロンアルフライクヘルジャッバーワックキオナヴィクター

聖属性英雄

ダンザブロウグレーテルミストバイヨンドレイクフォンイナリマロシオナテルポセイドンラナロク

以下は、レベル30以降でたぶん有用と思われる英雄の一部です。ざっくり分類すると、回復系はインスタント回復、ターン毎に回復させるリジェネタイプ、ミニオン持ち、スタックバフ(ミーレウィーブなど)、そして直ダメージ。さらに「エフェクト短縮」で自己デバフのターンが短くなる英雄(レディウーレートンなど)も含めています。リアーナ、ソーン、クインタスなどの一発直ダメージの英雄も有用です。

炎属性英雄

ボルドタスクサムルアズラルバルドルエレナガーディアン キングケストレルノアハートの女王赤ずきん

氷属性英雄

ジョットミーレウィーブイサルニアマスターレプスラファエッレスカジ雪白姫ソーン

自然属性英雄

ジャックオヘヤカシュレック-コスヘインダールホルグホル湖の麗人リアーナマザーノースラタトスク

闇属性英雄

リガルドキルハイアベラフレヤモクアークンチェンクインタスウルセナ

聖属性英雄

グリンバースティレディウーレートンデリラージャスティスムサシサールーストリービビカ

通常4ターンが使える多くの英雄が2ターンにカットされて倒れていきます。だとしても後半に備えてなるべく31階以降に残すようにすべきです。そこそこのリジェネ回復を持つ英雄は、たとえ2ターンカットされたとしても有益と見なすべきです。特にリガルドはタワーの上層階に着くまで使用しないプレイヤーが多いです。私の場合は48階までエンブレムなしのリガルド-コスを使用、エンブレム付きのリガルド高レベルの兵団を付けてそれ以降のために確保しています。

戦略上で重要な点として、マナ方面の妨害を行う英雄(プロテウスヘルメルリンピーターズなど)は1ターンにカットされてしまいます。そのため、ボスに対しては不向きです。一般的にカウンター攻撃でボスへの大ダメージを狙うサイブリアン、ボリルなどのカウンター英雄は有効です。コバルトサファイアの特殊スキルはボスの防御バフ(カウンターを含む)をバイパスできるチャンスを持っているため有効です。オニキスのディスペルと防御バフへのバイパスも同様に有効ですが、これだけでカウンターを攻撃をへの戦略とするにはやや無理はあります。加えてニンジャボスはマナが貯まっても1回目のチャージですぐに発動してくるかどうかが不明な点も考慮すべきです。特に高層階での戦闘では、ボスのマナを監視して発動直前にこちらがカウンターを貼るという戦略が使いにくいというわけです。

大量アイテムによる集中砲火はタワー攻略でも有効なものの、「ガラスの床」ステージではバトルアイテムの持ち込みに制限が掛かかります。例えば、弓矢連撃斧連撃爆弾連撃竜攻撃を最大量持ち込んでも、そのダメージ合計は3000そこそこ+竜攻撃による燃焼程度です。最上階の敵はすべて4600以上のHPを持っているため、集中砲火との差は1600HP以上と無視できない差です。もし使用する場合には、ダイヤモンドやドラゴンがボードにあり、特殊スキルを直後に出せるような状態であることが望ましいです。

これらのことから、基本的は戦略は従来どおりのカラースタックと攻撃/防御バフという選択肢が残ります。ガラスの床によりターンがカットされたとしてもです。そして鬼の祝福を賢く使えば、マナ速度が普通や遅でも十分に使えるようになるはずです。

==

鬼の祝福。ボード上の鬼ストーンをクリアしても何らボーナスは得られませんが、3階をクリアするたびに授かる祝福を選択することができます。役立つ祝福もあれば、そうえない祝福もあります。以下が私の戦略です:

  • +15%になるまで、+5%マナ生成アップの祝福を受ける。これはレベル29のマナ兵団を持っているとの同レベルです。もちろん戦略上それ以上を受け取っても構いませんが、この祝福は、英雄の持つマナ兵団のマナボーナスにスタックします。(+20%でマナ超遅が10タイル、+25%でマナ普通が8タイル、+34%でマナ速が6タイルとマナ遅が9タイル)
  • マナ生成アップが選択肢になければ、+5%クリティカルを選択。この祝福もマナと同様にクリティカル兵団にスタックします。マナ生成ボーナスが十分であれば、選択肢としてクリティカルボーナスを得ておくことでダメージ量アップを狙えます。このクリティカルボーナスは「ガラスの床」のり影響を受けません。逆にガラスの床では他の方法でダメージ量をアップする方法が乏しいと言えます。
  • 5階ごとの選択に+5%マナ追加があればそれを選択。議論はあるかも知れませんが、クリティカルの祝福よりも有益です。これは試してもらう方が早いと思います。
  • 上のいずれも選択肢にない場合、自分のスタイルに合った最適なものを選びます。5ターンごとにミニオンをサモンする祝福などもあります。このミニオンはハートの女王の挑発ミニオンや湖の麗人のマナを盗むミニオンの代用として使えます。なお、祝福は受け取ってしまったあとに変更はできませんので、きちんと戦略を立てておく必要があります。私は通常攻撃ボーナスとHP追加(インジェクション)を選択します。
拡張

原文:公式フォーラムのいくつかのスレッドをまとめてお送りします

All right reserved by bbcamp.info and the other third parties include Small Giant Games, Pixabay, SG Official Forum, Lobi.

BirksG

Your local mechanical keyboard maniac

BirksG 

birksgone@gmail.com