最終戦での最後の戦い終了場面(カッサンドラさんを第三者視点で)